検索
  • shonanseaside

湘南発祥のサーフブランド shonan Seasideのはじまり

更新日:5月2日

shonan Seaside代表、デザイナーの通称キャサリンです。


こちらの画像は、2018年のインタースタールでの写真です。有限街エムエスアールさんの(販売店:鵠沼海岸にあるサーフ&スケートショップC.C.C.)ブース内に展示させていただいた、shonan Seasideのコーナーデザインです。 アクセサリーのようなボディボードの誕生日となった記念すべき日です。


ボディボードの印象を変えたくて

〜アクセサリーのようなボディボードの誕生まで〜


ボディーボードというと、 「20年前に流行った子供のおもちゃ」 という印象を持たれている方は多いのではないでしょうか。


実は私が始めたきっかけも、子供と海で遊ぶためにドンホーテで¥2,000円のボディボードを買ってきて、子供と海水浴場で遊ぶ、ということからでした。 その後、子供の手が離れると、元々海好きな私は毎週のように海へ行きたくて、ボディボードをはじめるようになりました。

初心者サーファーの私は、知り合いもいないので心細い思いをしていましたが、 毎週のように来始めると、だんだんと顔見知りが増えていきました。 本格的に始めてみて感じたのは、サーフィンと違い、軽くて女性が扱うには手になじみ、丁度よいのです。


サーフィンは硬くて持ち運びに場所を取るので私はボディボードが大好きです。

更に、スピード感も味わえるし、女性がクルクル回ったりしているととても可愛い(笑) しかしながら、なかなか自分の好みのデザインが見つからず困っていて、ボディボード専門店のサンタートルさんで探しまくっていたら、奥の方からビクセンローズの黒いボディボードのサンプル品が出てきたのです。


そこには、ラインストーンが付いていたではありませんか(°▽°)

カスタマイズで制作を頼もうとしたら、もうやっていない…との事。


なので、無理を言ってそのサンプル品を売ってもらいました。



そこでデザインの仕事をしている私は、 「自分でデザインしたボードが作れたらな...」

と思っていたところで、たまたま鵠沼海岸の海では老舗のサーフ&スケートショップC.C.C.の社長から「ボディボードでも湘南を盛り上げて行こうよ!」との声掛けがあり、子供のおもちゃ...という印象のボディボードでは無く、洗練されたボディボードを作ることに決めました。 でも、どうせ作るならブランディングをしてしまおうと考えました。


これがきっかけとなり、周りの方々の協力で 「shonan Seaside」という湘南発祥のサーフブブランドを作ることができました。 アクセサリーのようなボディボードの誕生です。 残念ながら、2022年現在は、作り手がいないので作ることができなくなってしまいましたが、江ノ島在住の熟練シェイパーさんが作るミッドレングスのサーフボードを展開しております。こちらよりご覧いただけます。


Seasideのブランドコンセプト


一言で表すと、心からのスローライフ推奨。


time to shine

あなただけの輝く時間


海が大好きな女性が、shonan Seasideのボードと一緒に、 一人でも心穏やかに... 豊かな時間を過ごしてもらえたら… という願いを込めたアイテムです。



「seaside」=海辺



まさに、たいして波がなくたって、晴れた日にキラキラした海に、 アクセサリーのようなボードを持って来るだけで、とても豊かな時間を過ごせるのではないでしょうか。


海では、鳥や空、大自然に触れる事が出来ます。

私は、よく一人で沖に出て仰向けに浮かび、鳥や空を眺めます。


そんな日常を、生活に取り入れてみると、不思議と時間がゆっくりに変わり、自分だけの時間が輝きはじめます。



波乗り業界にはいろいろな文化があり、大会やイベント、試験を受けて上を目指している人も居ます。2021年はオリンピックも開催。



でも、わたしのようなどこにも属さないビギナーは、ただ、海に来れて、波に乗れて、空と鳥と自然に触れるだけで充分なのです。


shonan Seasideは、そんな分野のご提案、位置付け、となるのでしょう。



アクセサリーのようなボディボードが完成するまでの道のり

この、インタースタイルへ出展したボードは、土台が確か三日前ごろに出来上がってきたので、そこから慌ててストーンの施工を行い、バタバタで制作しました。 ここに到るまでは、デザインしては、職人さんとの打ち合わせ...の繰り返しをかれこれ2年くらいはやっていたと思います。


サンプル品を作ってくれたり、マークの施工方法などなど…。職人さんが全面協力してくれました。


並行して、海での耐久実験。

看板制作の職人さんにもプリント実験を頼んではうまくいかず何度も実験を重ねました。

ボディボードに使われている素材と、ラインストーンなどの材料の兼ね合いがなかなか難しく、デザイン変更を繰り返し、試行錯誤の結果、やっと形になりました。


更に改良を重ね▼こんなに可愛いボディボードになりました。


※現在はウェットスーツミッドレングスサーフボードのみの販売となっております。

地球に優しいハンドメイド

shonan Seasideの商品は、 在庫を持たずに、受注を頂いてから丁寧に作るハンドメイドとなります。


特徴は、


●とても長持ち

●カスタマイズ可能

●そして、大量生産して余る事もないので地球に優しい


熟練シェイパーさんが心を込めて制作してくれるので、安全安心で、性能がめちゃくちゃ良いです。



ラインストーンのカラーなどもお選びいただけます。 サーフボードやウェットスーツも同じです。



2022年3月、現在はボディボードは販売しておりませんが

ウェットスーツミッドレングスサーフボードのみ販売しております。 ・展示販売:湘南鵠沼海岸134号線沿いの老舗サーフ&スケートショップC.C.C. ・shonan Seaside公式ウェブサイトはこちら ・shonan Seaside Instagramはこちら ・その他のデザインは、C_design office の公式サイトをご覧ください。


・お問い合わせ先  shonan Seaside

 Tel 080-5051-0350


閲覧数:117回0件のコメント